人工芝 飛騨

【Q&A】雪の降る地域に人工芝は設置できますか?

Q.今度、雪の多い地域に引っ越すことになりました。庭の緑が少ないので人工芝を敷くつもりだったのですが、雪の降るところに人工芝は向かないと聞いたことがあるので迷っています。転んだときのケガ防止にもいいかなと思っていたのですが、どうなんでしょうか?

A.雪の地域にお引っ越しするのは大変ですね。なかなか雪が降らないところに住んでいると、少しの雪にも転んだりしてしまいますし、危ないです。「雪の地域に人工芝は向かない」という話ですがそんなことはありません!

雪が多い地域にある運動場は天然芝よりも人工芝をはってあることが多いんですよ。人工芝には水を捌けるための穴があいているものがあるので、雪が解けてもその水が芝の上に溜まって凍ってしまうような心配もないですし、メンテナンス要らずなので雪が降っても、とても楽なんです。ここの芝で子供も喜びました!

また日照時間の少ない土地や場所でも、関係なく青々とした景色が楽しめるのも魅力ですね。天然の芝では季節が秋へと近づくと枯れてしまうのでこうはいきません。

人工芝のクッション性を利用して、転倒したときの怪我を防げるのも雪になれていないひとやお子様にとっても安全で安心です。また室内でも普段は陽当たりの良いところに置いておけば暖かいので、小さなお子様の遊び場にも使えますから雪国に住んでいてもとっても便利ですよ。

慣れない場所での生活は大変なことがいっぱいなので、少しでも助けになるものや人工芝の綺麗な景色で、生活を豊かにして下さいね!

【教えて】お手入れ要らずと聞きますが本当ですか?

Q.近所の方に「人工芝は枯れたりする心配がなく、天然の芝生のようにお手入れがいらない」と聞きました。本当ですか?忙しくてなかなか庭の手入れが出来ないので気になっています。また取り換えたりするのならどれくらいの頻度なのでしょうか?

A.はい、本当です!何故お手入れする必要がないのかというと、本物と変わらない見た目のリアル人工芝でも素材はプラスチックで出来ています。なので伸びたり枯れたり虫がついたりすることもないので、草むしりや防虫剤をまいたりすることもなく、いつでも青く綺麗な状態なのです。

汚れてしまってもサッと拭くだけで綺麗になりますし、拭いても取れなくなってしまった場合でも簡単に交換出来るので、またすぐに綺麗な芝に戻ります。

広いお庭は、草花を育てるだけでなくメンテナンスも必要で大変です。仕事や家事で忙しくてあまり頻繁にお手入れが出来ないというひとや、めんどくさがりなひともこれなら簡単に綺麗な芝を楽しめますよ。

人工芝は、その使い方や置く場所によっても、綺麗を保てる期間が変わりますが、安全面を考えてもだいたい2年から5年くらいが交換時期です。また室内での使用なら雨風に晒されないので、外で使うよりも長く持ちます。水洗い出来るマットなどもありますので、繰り返し使えば経済的です。

人工芝の専門業者さんに頼む場合とホームセンターで売っている人工芝でも変わってくるので、目的や自分自身で出来るメンテナンスの頻度に合わせて選びましょう。

【Q&A】人工芝の上になにか物を置いても大丈夫ですか?

Q.会社で社員のリラックス効果を期待して魚を飼っています。小さめの水槽を置いているのですが、直接置くのは危ないのではという声があり、何か対策を考えていたら人工芝を置いたりする方法があることを知りました。そこで質問なんですが、人工芝は上に何か乗せても大丈夫なんですか?

A.水槽は水が入っているので落ちたりして仕事の書類が水浸しになってしまったらいけないですし、落ちてひとにぶつかっても危ないですね。

人工芝は、お庭を緑にするだけでなく飾ってあるディスプレイ置きにしたり、ずれて落ちたりしないようにするのにも使える優れものです。人工芝は駐車場にも使えるものが多くあるので水がたくさん入った重たい水槽でも十分耐えられます。

置き続けた結果、芝がつぶれてしまってもしばらくすればまた綺麗に芝が立ち上がるものもありますので、重さによっていろいろ試してみるのもいいと思います。

また水槽を置いておく棚や台と人工芝の裏面に両面テープなどを貼ることで固定され、安定し小さな振動にも耐えられ安心できます。

ジョイントタイプにすればサイズを選ぶことが出来るので、持っている水槽が大きくても小さくても対応できますね。また水槽の水が零れてしまっても、濡れてしまった部分だけの交換で済むので経済的でお手入れも簡単です。

緑の芝の他にも、さまざまな色を揃えているところもあるので会社の内装の調和も保てて、おしゃれに仕上がります。素敵な空間で、リラックス効果も得られる職場で働けば、仕事の効率も上がること間違いなしですね!

【Q&A】ガーデニングをしようと思っているけど人工芝って使える?

Q.殺風景な中庭を花を置いたりして華やかにしたいんです。地面には芝生がいいんですが、陽当たりの問題もあるし育つかどうかもわからないので、人工芝を思い付きました。でも人工芝って作りものだし、ガーデニングに使うのってどうなんだろうって迷っています。

A.向いてます。ガーデニング用の人工芝があるってご存知でしたか?天然芝と違って、陽当たりを気にしなくても大丈夫なので中庭でガーデニングをしたいときにぴったりなんですよ。

いろんな素材を組み合わせた芝葉を使っているから、見た目も本物の芝生と変わらず、近くでよく見ないと人工芝だってわからないほどです。砂利や砂を混ぜたタイプの人工芝を選べば、さらにリアルな芝生になります。なので植えたい木や育てたい生花に負けてしまうこともありません。

季節ごとに違うお花を育てても、いつでも緑が青々としているので、よくある「冬になって緑が枯れてしまう」といったことにもならないので、ずっと美しいガーデニングが楽しめるんですよ。中庭だからと緑やお花を諦めずに、ガーデニング用の人工芝で華やかな空間を目指しましょう!

ジョイントタイプの人工芝は取り換えたり出来るので傷んだりしてしまったときに最適ですが、サイズが合わなかったり風で飛んでしまう可能性があるので注意しましょう。ロールタイプの方が中庭の大きさに合わせて切ったりすることが出来、固定すればめくれあがったりすることも防げるのでおすすめです。

【心配】体の不自由な人の足元に人工芝って大丈夫なんでしょうか?

Q.玄関の所に靴の土落としのために小さめの人工芝を置きたいと思いますが、体の不自由な母と住んでいます。母は足元が覚束ないながらも散歩が好きでいろんな道を歩くので靴の汚れを取れるもので、足に優しい人工芝を探しているのですが・・・。

A.体の不自由な方の足元は心配ですよね。しかも足が上手く動かせない場合は少しの段差もつまずいてしまう可能性もありますから、なるべく安全な物を置いて生活をサポートしてあげたいものですね。

足元に優しく、靴の土や泥落としも出来るのは芝糸の長さで変わってくるんです。適しているのは芝糸が30mmから45mmの長さです。この長さであれば柔らかいので靴の先が芝糸に引っ掛かってしまう心配がなく安全に使うことが出来ますよ。

またクッションの役目を果たすものを人工芝の下に置くことで足への衝撃を和らげて、そこにかかる負担を軽くする効果もあります。広い範囲に置いておけば、万が一、お母様が転んでしまった場合でもクッションの代わりになり怪我を防ぐことが出来ます。

注意が必要なのはスポーツ用の人工芝。スポーツ用の場合は種類によっては滑りやすい素材を使っているものもあるので、選ぶときには気をつけて下さいね。出し入れに便利なロールタイプを選べば、使わないときはくるくると丸めて収納しておくことが出来るので、邪魔にならずに便利に使えます。

大人だけでなく小さな子供や、ペットにも優しい人工芝です。

【ご質問】ベランダに人工芝を敷きたいんだけど時間は掛かりますか?

Q.我が家はマンションなので庭が無い代わりにベランダの緑化をしようと思いました。けれど、あまり陽当たりが良くないので、蔦などの植物を育てても太陽に当たらず枯れてしまって上手くいきませんでした。それなら、人工芝がいいかなと思っているのですが、設置するのにどれくらいの時間が掛かるものなのでしょうか?

A.ベランダの緑化は素敵ですね。けれど陽当たりが悪いと植物はなかなか育ってくれないし、せっかく手間を掛けても枯れてしまったら悲しいですよね。

ベランダに人工芝を敷くことは、それほど時間は掛からないですよ!マンションに住んでいるとのことですから、あまり時間が掛かってしまうとご近所に迷惑になってしまうので大変です。

ベランダはコンクリートで出来ているので一軒家のお庭のように、草をむしって雑草を取り除いたり土を固めて平らにしたりする作業工程を省けるので時間短縮に繋がります。ジョイントタイプの人工芝なら、継ぎ目を目立たなくするためにテープで綺麗にととのえたり、ロールタイプなら風などで飛んでいってしまわないように固定する作業をすれば、あっという間に完成です。

これらすべての作業は一時間もあれば十分だと思って頂いて大丈夫なので、これなら隣近所に迷惑を掛けずにベランダの緑化完了ですね!一緒にお花を飾ってリアリティのある芝生の青さを楽しみましょう。またお水をあげる必要もないので、ベランダの劣化も防げますから賃貸マンションでも安心です。

【お悩み】庭に雑草が生えて困っているのですが・・・

Q.若い頃は庭の草むしりやお手入れを季節に関係なくこなせていましたが、最近は夏の炎天下での庭の管理は重労働になってしまいました。特に芝生は放っておくと枯れてしまい、緑のない庭の雰囲気は何だか寂しいものになってしまいます。雑草が生えてしまうことも気になっているのですが、何か方法はありませんか?

A.お庭のお手入れは何かと大変ですよね。それが大きなお庭だったり暑い夏の日だったら尚更大変です。お庭はご近所の目にも触れますから、出来ればいつも綺麗な状態を保ちたいという気持ち、わかります。

青さをキープすることが出来れば天然芝でいいのですが、いったん枯れてしまうと茶色くなってしまい、見た目にも美しいとは言えなくなってしまいます。虫も発生しやすくなるので、ペットを飼われている場合や子供が遊んでいると、ちょっと心配になります。

そんなお庭には、人工芝を試してみませんか?

人工芝なら芝生の青さをキープするためのお手入れや水やりの必要がないので手間が掛かりませんし、お手入れをしなくてもいつもキレイなお庭が保つことが出来ます。気になっている雑草も、人工芝なら生えてきませんし、設置する前に雑草を生えないようにするための下準備もしますから、生えてきてしまった雑草に人工芝が浮き上がってきてしまう心配もありません。

人工芝はメンテナンスはいりませんし、万が一、汚れや劣化が気になる場所が出来たら専門の業者さんがいるので、電話などでメンテナンスを頼むことも出来ますから安心です。

陽当たりを気にすることもなく一年中、綺麗なお庭を堪能することが出来る人工芝、是非お試しくださいね!

【教えて】ゴルフの練習に人工芝を使おうと思っています

Q.ゴルフをやっているんですが、仕事が忙しいのでなかなか練習に行けない毎日。そこで自宅で出来ればいいと思い付きました。自宅の庭や家の中にゴルフの設備って出来るんですか?出来れば本格的なものがいいと思っています。

A.仕事の付き合いや趣味でゴルフをやっているひと、多いですよね。お父さんの運動不足解消にもなって健康にもいいですね。ご自宅でゴルフ、不可能かなと思われがちですが出来ます!パターの練習はもちろん、ゴルフ場顔負けのコースだって作れちゃうんですよ。

パターの可能なスペースさえ取れれば、お庭はもちろんベランダや室内でも作れます。

コースについてもお好みで傾斜をつけたり、ボールの転がる速度の違う人工芝にしたり出来、小さくても本格的なゴルフが楽しめるのも忙しいお父さんには嬉しいところですね。また、直線の人工芝か曲線かも選べるので、いろんな形のお庭に対応して自由なコースが作れます。

素材はウレタンなので水捌けも良く、お手入れの必要もないので「仕事で忙しかったからメンテナンスが行き届かなくてゴルフの練習ができない・・・」なんてこともありません。洗濯物を干すだけだったお庭がいつでもゴルフが出来る素敵な空間に大変身するんです。

また人工芝は枯れることがないので見た目もとてもキレイです。

ホームセンターなどで、グリーンや必要なパーツを揃えて作れば工事費用も安く済むので、経済的ですね。

自宅のお庭をミニゴルフ場にして日々、ゴルフの腕を磨いちゃいましょう!

【ご質問】人工芝には種類はありますか?またどんなものですか?

Q.人工芝を使いたいけど、どんなものを使っていいのか分からないんです。置く場所によって、こんな人工芝が向いているとかあるんですか?どんな種類があるのか教えてください。

A.分かりました!おまかせ下さい。まず人工芝には、お家で使う「一般家庭用」とスポーツ会場などで使う「スポーツ競技用」とがあるんです。

一般家庭用の人工芝の設置場所に適しているのは、お庭はもちろんベランダやテラス、バルコニーなどさまざまです。また芝の先の素材もナイロンやポリブロビレンなどがあります。長さも5mmから55mmといろいろ選べて、それにより質感やクッション性も変わってきます。

面積や幅も多様で、ロールタイプとジョイントタイプがあります。敷いたり仕舞ったりをしたい場所にはロールタイプ。雨風をしのぐことが出来るので長持ちします。汚れたら取り換えたりする場合はジョイントタイプがおすすめ。汚れやすい場所や水捌けがよくないところなどに最適です。

またロールタイプは広範囲に渡って人工芝を敷きたい場合にも向いています。

そして意外と知られてないんですが、人工芝はグリーンだけじゃなく、茶色やグレーなどもありますから、デザイン性が高いところにも合っています。お家の雰囲気に合わせて選ぶこともできますね!

ちなみにお家の中で使いたいときにはロールタイプが便利です。

陽当たりが良いとか悪いとかには特に差はありませんが、熱に弱いので花火などの火を使うことを人工芝の上ではしないで下さい。

【不安】犬の遊び場所に人工芝を考えているのですが・・・

Q.飼っている小型犬の足や腰の負担を減らしたいので、庭のコンクリートの部分を人工芝にしたいと考えています。芝の部分てどんな物で出来ているんですか?犬の肉球にも安全なんでしょうか?

A.家族の一員であるワンちゃんのことも考えてあげたいですよね。お庭がコンクリートだと見た目も寒々しいですし、季節ごとの足への負担は気になります。

コンクリートの上で天然の芝生を育てるのは至難のワザなので根気が必要ですし育てても、お手入れが大変です。そんなときは人工芝が向いていますよ!

人工芝を置くときには直接地面に人工芝を置くわけではありません。先にまず、マットなどのクッション性の高いものを敷くので、ワンちゃんの足への衝撃を軽減する効果が期待できるんです。これなら足や腰が弱いワンちゃんがお庭を走り回っても体の負担にならないので飼い主も安心です。

人工芝の芝の部分である芝葉はプラスチックのポリエチレン・モノフィラメントという素材で出来ています。釣糸やストッキングなどに使われている身近な合成樹脂で、他にもペット用のオムツなどの素材としても使われているものなので安心して使えますね。

また人工芝なら天然芝と違って土や水がいらないので、大切なワンちゃんが寝転んでも汚れたり虫がついたりする心配がありませんよ。さらにジョイントマットを使えばワンちゃんが万が一、粗相をして芝を汚してしまっても、すぐに取り換えることが出来るので衛生的です。

犬や猫などの動物は人間よりも地面に近い場所で生活しているので、人工芝でケアして気遣ってあげて下さいね!

サイトマップ