CCクリームを使ったすっぴん風メイクの作り方

現在、高い注目を集めているのがCCクリームです。
スキンケア成分が豊富に含まれており、肌のケアに効果があるのと同時に、光の反射により、透明感のある肌になりたいと考えた場合に、最適のクリームです。
そんなCCクリームが人気になっている理由の一つに、すっぴん風のメイクに最適という事があります。
すっぴんに近い肌感にしたいと考えたら、塗り過ぎないという事が重要になってきます。
そんな時に、美容液や乳液、クリーム、化粧下地、日焼け止め、ファンデーション等、1本で複数の働きをするCCクリームは最適です。
化粧下地として塗った後、この上にファンデーションを使うと、落ち着いた印象になりますが、すっぴんのような肌を作りたい場合、このクリームのみで仕上げていきます。
洗顔等の、朝の手入れの後、クリームを顔にのせていきます。
この際、おでこ、頬、顎、鼻の頭とのせていき、その後に馴染ませるようにしていく事がポイントです。
全体的に馴染んだら、指の腹で軽く叩くように肌に馴染ませておくと、崩れにくい状態を作る事が出来ます。
その後に、パウダーを塗る事で、自然で透明感のある印象の肌に仕上げる事が出来るようになります。
そして、CCクリームとパウダー以外もメイクをしたいと考える場合、肌の色に合わせて仕上げていく事になります。
まつげはマスカラをつけず、ビューラーのみにする、派手な色や艶があるコスメを選ばないようにするだけで、自然なすっぴん風に仕上がります。

CCクリームのCCとは?

CCクリームのCCの意味をきちんと知っている人は意外と少ないです。
BBクリームの人気から、開発されたものであるCCクリームですが、
実はCCには正式名称がありません。
メーカーによって異なりますが、Color Controlの略や、
Color Conditionの略であることが多いです。

BBクリームはBlemish Balmの略で、気になる部分を守るクリームです。
元々は医療現場から生まれたクリームで、傷跡を隠すなどの、カバー力が高いクリームです。

CCクリームは、BBクリームよりメイク用品として開発されたので、
自然なお肌に見せると言う特徴があります。
また、美容成分も入っているので、お肌をきれいにしながら、
メイク効果も得られると言う一石二鳥のクリームです。
肌色を補正する働きがあるので、カモフラージュしながら、
お肌の色を一段明るく見せてくれる作用があります。
美容液が入っているので、お肌をなめらかにして、シワを防ぐこともできます。
潤いのある美容液に、肌色を補正する効果のあるものが入ったと考えられます。

CCクリームを塗ると、何も塗っていないすっぴんのような状態になりますが、
お肌の欠点を隠したナチュラルな状態なので、時間を短縮させるメイクに応用できます。
CCクリームだけではメークが落ちやすくなってしまうので、
上にパウダーをはたいてあげると、長持ちします。
しっかりとメイクしたい場合は、CCクリームの上からファンデーションを塗ります。

CCクリームは化粧下地としても使えるの?

最近話題のCCクリームは軽い付け心地でありながら肌の色をきれいに明るく見せてくれる効果も期待できるとされており幅広い_x0008_年齢層に人気があります。近年はナチュラルメイクが主流となっており、ベースメイクは肌のアラを隠しつつもナチュラルな印象を演出したいという方も多いでしょう。リキッドファンデーションを分厚くぬると化粧崩れも起こしやすくなりますし、特に朝の忙しい時間に短時間でナチュラル感を出すのは難しいということもあるでしょう。CCクリームの良いところは洗顔後に化粧水と乳液で肌を整えたら化粧下地として直接つけることができるのでベースメイクが簡単に出来るということも大きいでしょう。肌に良い美容成分を含んでいるものもたくさんありますし、ご自分の肌の状態に合ったCCクリームを選んで使うことができるのです。しっかりメイクをする方はその上からパウダーファンデーションなどを使って仕上げても良いですし、軽いメイクで構わないという方はCCクリームだけで完成としても良いでしょう。日焼け止めの効果もありますから、ちょっと近くまで買い物に出かけるという時や洗濯物を干しにベランダや庭に出る時にも活躍してくれるでしょう。なんといっても肌に優しいことが特徴となっているものが多いのが美容を意識する方にとっては嬉しいことではないでしょうか。ナチュラル感も欲しいけれど肌をきれいに見せたいという方は使ってみてはいかがでしょうか。